読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

不用品の処分方法を、製品と目的に合わせてご案内します!

【ベッド|処分方法】もう悩まない!ベッド処分の方法6選!

処分 ベッド

知りたい!ベッドの処分方法

不要となったベッドを処分する方法、皆さんはご存じでしょうか? できるだけ早く処分したいけど、方法がよくわからない。そんな人もいらっしゃるはず。そこでこのページではベッドの処分方法を6つに分類してご紹介いたします。ご自身の目的に沿ったベッド処分の方法がきっと見つかります。

【目次】

方法① 自治体にベッド処分を依頼する

粗大ゴミ処分とは

不要ベッドを捨てるとき、お住いの自治体が運営する粗大ごみ処分を利用するのが一般的な方法です。複数あるベッドの処分方法の中でも、費用が格安なのがこの粗大ゴミ処分です。種類によって処分手数料が異なります、たとえば東京都新宿区では、シングルベッドは1,000円、二段ベッドが2,000円で回収処分してもらえます。

粗大ゴミ処分の利用方法

自治体の粗大ごみ処分は持込と回収の2つの方法があります(回収のみの地域もあります)。その方法ですが、まず粗大ごみ受付センターへ申し込みをします。最近では電話の他にインターネットやメールで申し込める自治体も増えています。次に処分手数料と同額の粗大ごみ処分チケットを購入します。必要事項を記入してベッドに貼り付けましょう。持込む場合の方法は、処理場に自らベッドを搬入します。また回収の場合は指定日時にベッドを搬出して完了です。

自治体による粗大ゴミ処分の特徴

メリット

  • 格安の処分費用
  • 業者とのトラブルが少ない

デメリット

  • 自分で搬出作業をしなければならない
  • 申請から回収まで時間がかかる(回収処分には2週間以上かかることがほとんど)
  • 自動車や人員を自分で確保する必要があります(持込処分)

こんな状況の方は粗大ゴミ処分を!

  • 処分まで時間的余裕がある
  • 玄関先までベッドを搬出できる
  • とにかくお金を節約したい

方法② 不要品回収業者にベッドを引き取って処分してもらう

不用品回収業者とは

ベッドの廃棄処分の方法を考えるとき、民間業者の不用品回収を利用することも手段です。自治体と比較して費用は高いですが、その分依頼者の希望に沿うサービスが用意されています。特にベッドは部屋から搬出するのがとても難しい大型家具なので、解体から積載まで網羅された不用品回収業者はとても魅力的ですね!

不用品回収の利用方法

インターネットで検索すると、複数の業者がヒットします。ホームページをチェックしてサービスや利用方法を比較するのが効率的。いくつか候補が絞れたら、無料見積もりを依頼しましょう。基本料金、ベッド処分手数料、追加費(人件費、出張費、階段搬出など)を確認するのが大切です。

さらに倹約したい方には、1tトラック乗せ放題という方法もあります。引っ越しなどで、複数のベッドや家具の処分が必要な方には時間と費用を節約できて、一石二鳥です!

不要品回収業者の特徴

メリット

  • 即日見積もり、週末回収などが可能
  • 電話やネットで24時間受け付け対応あり
  • 他の家具家電と合わせて依頼すると割引あり

デメリット

  • 割高な処分費用
  • 業者選びが難しい
  • 業者とのトラブルも。。。

こんな状況の方は不用品回収業者を!

  • とにかく早く処分したい
  • 平日昼は忙しくて準備ができない
  • 不要品がたくさんある

 

方法③リサイクルショップにベッドを査定してもらう

ショップ買取サービスとは

汚れや傷が目立たないベッドは、家具専門店やリサイクルショップに買取の連絡をしましょう。搬出・運搬サービスがあるリサイクルショップもあります!量販店などで購入したベッドは買取価格が低いので注意です。

買取サービスの利用方法

利用方法は不要品回収業者と同じです。口コミサイトも併用して候補を絞り、複数の見積もりを依頼しましょう!リサイクルショップは地域密着型も多いので、個人商店でも評判の良い業者を選びましょう!

高評価の査定を受けやすいベッド

  • 使用頻度が少ない美品
  • 有名ブランドの高級ベッド

ショップ買取の難点

  • 高価買取の確率は低い
  • スタッフが部屋に入る
  • 買取値の比較は面倒 

こんな状況の方はショップに査定依頼を!

  • できれば売りたい 
  • 高級ベッドなのにほとんど使っていない
  • 複数のリサイクルショップや家具販売店に見積もり依頼ができる

方法④ インターネットオークションでベッドを個人取引する

インターネットオークションでの個人取引とは

ベッドの売却を希望する方はリサイクルショップなどのほかに、インターネットでの個人取引(ウェブサイトやスマートフォンアプリ)を利用するのも有効な方法です。家具量販店の影響で、安価でベッドを手に入れることできるようになりました。一方で、より良い睡眠環境を求めて、高級ベッドを購入するユーザーも増えています。

ベッドは製品寿命が10年と比較的長持ちするため、ヤフオク!(Yahoo!オークション)では購入時期というよりも使用頻度や破損・汚れの少なさが高値取引の鍵です!

インターネットオークションに出品するときのポイント

ヤフオク!(Yahoo!オークションなどで出品する場合は綺麗に掃除をして、できるだけ美しい写真を撮ることがとても重要なステップです。特に日中の明るい日差しはベッドにより清潔な印象を与えます!出品するときに、付加価値となるのが証明書や純正附属品(カバーやシーツなど)です。また配送にかかる費用も調べて置きましょう! 

インターネットオークションの特徴

メリット

  • 高値で取り引きできる可能性も
  • リサイクルショップが買い付けない製品が売れる可能性も
  • 出品が簡単

デメリット

  • 梱包や発送が自己責任
  • 金銭トラブルの危険性も
  • 時期によって相場に波がある

こんな状況の方はインターネットオークションを!

  • 高値で売却したい
  • 有名ブランドのベッドで品質に高い信頼
  • 手間を惜しまない

中古相場はいくら?

中古シングルベッドの平均相場は17,000円です。100,000円以上で出品されているのにも関わらず購入希望者が続出しているSerta(サータ)の高級電動リクライニングベッドやSIMMONS(シモンズ)のシングルベッドとマットレスのセットもあります(2017年1月現在)。

closedsearch.auctions.yahoo.co.jp

 

方法⑤ 地元でベッドを処分する

地元の掲示板ジモティーを利用する方法とは

無料掲示板サイトのジモティーは、お住いの地域でのベッド処分方法や売却先をかんたんに見つけられます!地元だからこそ直接会って取引することも頻繁に行われているので、面倒な梱包・発送などの手間を省略できて便利です。

ジモティーの利用方法

ベッドを処分する時に、ジモティー内にはおすすめの2つの方法があります!1つ目の方法は地元のお店をリサーチする機能です!ジモティーで地元の業者やサービスを比較できます。そのままサイト内でお問い合わせをすることもできるのでプライバシーにも配慮されています。

2つ目は中古家具取引の掲示板に投稿する方法です!たとえば有名ブランドSealy(シーリー)のダブルベッドフレームとマットレスのセットが過去に投稿され、価格は65,000円と高額でしたが多くの問い合わせがあり、成約に結びつきました。 

ジモティーの特徴

メリット

  • 直接会って行う取引は詐欺が起こりにくい
  • 梱包、発送が不要(相手が取りに来てくれる場合)
  • 搬出作業をしなくても大丈夫

注意点

  • 引き取り手を見つけるのに時間が掛かる場合も

こんな状況の方はジモティーへ投稿!

  • 捨てるには惜しい
  • 梱包は発送の手間を省きたい
  • 時間的余裕がある 

投稿におすすめのアイテム!

  • 未開封のシーツやカバーがあると、問い合わせが増えます!
  • ベビーベッドやキッズベッドには特に引き合いが多いです
  • 高級ブランドには根強い人気があります

海外メーカーではSIMMONS(シモンズ)、Sealy(シーリー)、Serta(サータ)などが好まれていますし、FRANCE BED(フランスベッド)や日本ベッドなどの国産ブランドが出品されています。

jmty.jp

方法⑥ じぶんでベッドを解体して処分する!【特別編】

ベッドを解体?

ベッドを自分で解体して、燃えるごみと燃えないごみに分別する方法です。マットレスのバネをはじめ、危険を伴う作業なので防御服などの用意を忘れずに!

ちなみに粗大ごみなどの処分手数料は、製品のサイズや品目によって規定されていますので解体しても値引きはありません。

かんたんステップ!ベッドを解体する方法

1. 道具を用意

  • プラス、マイナスドライバー
  • 六角レンチ
  • のこぎりや電動チェーンソー
  • 大型ニッパー(マットレス用)
  • カッター(マットレス用)

2. 周辺を整理して

蛍光灯などの配線がある場合は、offになってるのを確認してから解体を始めましょう。解体前にブールシートを引き部屋のスペースを確保しましょう。

3. とにかく解体

あとはとにかくボルトを回します!!力任せにやると、中で曲がったりするので気を付けて!

4. 切断、分別

各パーツが解体できたら、あとは50cm以内に切っていきましょう!同居人や回収・処分スタッフの方が怪我をしないように、切り離したパーツは厳重に袋に入れましょう。

5. マットレスも解体

カッターで表生地を切り裂きます!中のスプリングは、大型ニッパーで切り離していきますが、目や身体に跳ねると大けがに繋がります。

 

ベッドの処分方法に関連するおすすめリンク集

【かんたん解説】家具・家電の処分方法

shobun-navi.hatenablog.com

・費用で比較!ベッドの処分方法

shobun-navi.hatenablog.com

・厳選!ソファの処分方法まとめ

shobun-navi.hatenablog.com

 

【地域別】ベッドの処分方法まとめ

・新宿区でベッドを処分する方法

shobun-navi.hatenablog.com

・ベッドを世田谷区で処分する方法一覧

shobun-navi.hatenablog.com