読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

不用品の処分方法を、製品と目的に合わせてご案内します!

ベッドの処分にお金をかけない「6つの新常識」

ベッドの処分にはわりと負担が大きい。ベッドの処分ってつまるところ捨てるか売るかなんだけど、その処分のプロセスの周辺には複雑な手順とかビジネスがあるのよね。ここでは、ベッドの処分についてよーく考えて、少しでも損をしない解決と、あわよくば何もせずにベッドが売れたり処分できたりする新技について紹介したい。

ベッドをおとくに処分できた人のイメージイラスト

このブログのサマリ

処分のためにベッドを捨てる

自治体の粗大ごみ→MAX2,000円も払えば捨てられるけど、自分でやる手間がある

②民間の不用品回収→運び出すところから任せると5,000円以上かかるし、リスクも

③引越しと同時に捨てる→タイミングが難しいし結局処分料を取られる

 

処分のためにベッドを売る

④じつは売れない→普通の中古ベッドを高値で買ってくれるお店なんてない

⑤売れても金にはなりにくい→解体料、運搬料、抱き合わせ買取りなど

⑥ネット売買の可能性→発送の手間とか送料の負担とかがない取引なら◎

処分のためにベッドを捨てる

自治体の粗大ごみ

事前に自治体に予約して、粗大ごみ処理券を買って、期日の午前中に指定場所に出して置ける人なら、これが一番後腐れなくてよい。ただ一人暮らしのお勤め中の人には以外と難易度高い。大きなベッドをどうやって解体して運び出そうかとか、そもそもそんなヒマなかったりとか。

参考:東京都の23区内ではシングルベッドは1,000円、ダブルベッドは1,800円で粗大ごみとして処分してもらえることがほとんど

世田谷区:

【世田谷区|ベッド】3分でわかる!世田谷でベッドを処分する方法4選 - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

新宿区:

【新宿区|ベッド】いらないベッドにお悩みですか? 新宿でベッドを処分する4つの方法 - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

江東区

【江東区|ベッド】すぐに解決!江東区でベッドを処分する方法4選 - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

②民間の不用品回収

町内を走って「不用品回収します」と街宣している軽トラックとか、チラシに書かれた不用品回収業者は、手間が掛からないという点で良い。なにしろすぐに持って行ってくれるし。ただ、こわもてのおじさんから「運搬費別途な」などと言われるリスクがある。まあ、向こうも商売だからね。事前にしっかり見積もりを出してもらおう。

【ベッド|処分方法】もう悩まない!ベッド処分の方法6選! - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

③引越しと同時に捨てる

普通はあまり引越す機会は多くないけれど。タイミングが合えば引越し業者にベッドを処分してもらえる。でもほとんどの場合は有料。本来の引越し代金と合算されて結局いくら掛かるのかわかりにくいので、見積もりを見ながら説明してもらうと良い。

【ベッド|無料処分】ベッドの処分は無料でできる! - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

 

処分のためにベッドを売る

①じつは売れない

普通の中古ベッドを高値で買ってくれるお店は、無いと思った方がよい。家具や家電の買取りをやっている業者にとっても、大きくて回転の悪いベッドは買取るリスクが高い。「有料で引き取らせて頂き、こちらで処分しますね」となることがほとんど。

②売れても金にはなりにくい

もしあなたのベッドが有名ブランドもので、購入してからまだ日が浅いなら、買取り対象になることがある。ただその場合もベッド単体だと解体や運搬の手数料と相殺されてしまい、「ほかの家電と一緒なら手数料をサービスできるのですが」的な扱いになる。

【ベッド|処分方法】もう悩まない!ベッド処分の方法6選! - 処分ナビ「家電と家具の処分に関するお得情報」

③ネット売買の可能性

ベッドを処分する際に、時間的余裕がある人におすすめなのがネット売買。これからの季節(2月3月)は新生活を始める人が安価なベッドを探し始める。多くの人が閲覧する掲示板サイトに投稿しておいたら、自宅まで車で取りに来てくれる好都合な人から声がかかることも。 

http://shobun-navi.hatenablog.com/entry/dispose-bed-free#無料処分その4地元の掲示板ジモティーで無料取引

 

最初は強気に「5,000円で売ります」みたいな値付けで出品してもいいし、しばらく売れなければ値下げしたり、「取りに来て全部やってくれるならタダ」という条件を付けてもいい。メッセージのやり取りを通じて、取引相手のパーソナリティーも推し量れるし。自由に活用できるサイトとしておすすめ。

jmty.jp